PAGE TOP

冬の時期のサビキ釣りの攻略ポイント

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント

 

 

防波堤・堤防・波止の釣り場から行うサビキ釣りについて、今回は厳しい冬の時期に釣果をアップさせるための攻略ポイントについて詳しく解説していきます。

 

冬の時期に有効なサビキ仕掛け・集魚剤・防寒着なども紹介しているので、よろしければ冬のサビキ釣り攻略の参考にしてください。

 

 

冬の時期に行うサビキ釣りは、最盛期の夏や秋の時期と比べて 釣り場の海水温が低い ため釣果をアップさせるには釣り方を変更して対応する必要があります。

 

 

 冬のサビキ釣りの攻略ポイントは

 

 

 タナを深く設定する

 

 沖のポイントを狙って攻める

 

 コマセ( 撒き餌 )の集魚力を高める

 

 

上記の3つの方法で対応していきます。

 

 

 

1. タナを深く設定する

 

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント( 浅いタナ )

 

 

夏や秋の時期は、海水温が高くサビキ釣りの対象魚のアジ・サバ・イワシは捕食するエサを探し求めて海面付近を回遊することが多くなるため釣れるタナも浅くなります。

 

一方で、冬の時期になると気温が下がると同時に海面付近は冷たい北風に吹かれたり雨や雪などの外気の影響を受けて海水温も徐々に下がり不安定になっていきます。

 

 

 アジ・サバ・イワシが回遊する( 釣れる )タナが深くなる

 

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント( 深いタナ )

 

 

冬は深い場所ほど外気の影響を受けにくく海水温が安定するためサビキ釣りの仕掛けのタナは中層や底層に 深く設定する ことで釣果がアップする可能性も高まります。

 

地上で生活する私たち人間に例えると、冬に外の寒い場所に居るより少しでも暖かい部屋の中に居たいまたは行きたいという心理が働くのと同じです。

 

例えば...

 

 

・ 海水温:15.1℃( 水深 1m )

・ 海水温:15.5℃( 水深 5m )

・ 海水温:15.9℃( 水深 9m )

 

 

海水温 1℃ 未満のほんの僅かな差に感じると思いますが、自分で体温を維持することができない変温動物の魚にとっては大きな差となります。

 

冬にサビキ釣りを行う時は、タナを深く設定することを心掛けてください。

 

 

 

2. 沖のポイントを狙って攻める

 

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント( 沖のポイント )

 

 

防波堤・堤防・波止の釣り場でサビキ釣りを行う時は、一般的に沖の方が水深が深くなるため冬の時期は仕掛けを遠投できる 投げ( 飛ばし )サビキ釣りが有利 になります。

 

深いタナで確実にコマセ( 撒き餌 )が撒けるようにロケットカゴを取り付ける上カゴ式の投げ( 飛ばし )サビキ釣りの仕掛けを使用することをおすすめします。

 

 

投げ( 飛ばし )サビキ釣りの仕掛けの作り方

 

投げ( 飛ばし )サビキ釣りの仕掛けの作り方はこちら

 

 

最初に説明した タナを深く設定する方法 と複合させながら沖の深場のポイントを積極的に狙って攻めることで釣果がアップする可能性も高まります。

 

釣り座に近い数メートル先のポイントから最大で数十メートル先の沖のポイントへ仕掛けを遠投することで幅広い範囲を攻めることができます。

 

厳しい冬の時期に疑似餌( 擬餌針 )への食い付きを少しでも良くするためには、見た目が本物の生のアミエビにそっくりな作りで...

 

 

ハヤブサ小アジ専科リアルアミエビの実釣レビューと釣果

 

ハヤブサ小アジ専科リアルアミエビの実釣レビューと釣果はこちら

 

 

当サイトの管理人が上記の記事で実釣レビューしている...

 

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント( ハヤブサ リアルアミエビ )

 

 

ハヤブサのサビキ仕掛け リアルアミエビシリーズ が有効でおすすめになります。

 

 

 

Yahoo!ショッピング

 

リアルアミエビシリーズの詳細はこちら

 

amazon

 

リアルアミエビシリーズの詳細はこちら

 

楽天市場

 

リアルアミエビシリーズの詳細はこちら

 

 

 

3. コマセ( 撒き餌 )の集魚力を高める

 

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント( 集魚剤 )

 

 

冬の時期は、海水温が低くなるためサビキ釣りの対象魚のアジ・サバ・イワシの捕食活動も鈍くなりエサの食い渋りが発生しやすくなります。

 

冬場はコマセ( 撒き餌 )の作り方を工夫して アミエビの中に集魚剤を適量配合する ことで集魚力や食い気が高まり釣果がアップする可能性も高まります。

 

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント( コマセ )

 

 

アミエビの集魚力を更に高める アジパワー の配合が有効でおすすめになります。

 

 

 

Yahoo!ショッピング

 

アジパワーの詳細はこちら

 

amazon

 

アジパワーの詳細はこちら

 

楽天市場

 

アジパワーの詳細はこちら

 

 

 

気温が低く寒い冬の時期にサビキ釣りのコマセ( 撒き餌 )として使用する冷凍のアミエビブロックを解凍する作業が大変だと感じる方は...

 

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りにおすすめのコマセ( マルキュー アミサビキ )

 

 

釣行時に解凍不要の常温タイプのコマセ( 撒き餌 )があると便利で、様々な集魚剤と組み合わせて使用することも可能です。

 

サビキ釣りにおすすめのコマセ( 撒き餌 )や集魚剤については...

 

 

サビキ釣りにおすすめのコマセ( 撒き餌 )

 

サビキ釣りにおすすめのコマセ( 撒き餌 )はこちら

 

 

上記の記事で紹介しています。

 

 

 

最後に冬の時期の防波堤・堤防・波止の釣り場は寒いので、サビキ釣りの釣行時はしっかり装備を整えて防寒対策を万全にしてから出掛けることをおすすめします。

 

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント( 防寒着 )

 

 

・ 防寒着( 上下 )

 

 

防寒着の上下については、冬のサビキ釣りに必須と言える装備です。

 

 

冬の時期の防波堤・堤防・波止のサビキ釣りの攻略ポイント( 防寒対策 )

 

 

・ 防寒グローブ

・ 防寒フェイスマスク

・ 防寒ブーツ

・ 使い捨てカイロ

 

 

更に防寒グローブ・防寒フェイスマスク・防寒ブーツを揃えて使い捨てカイロを携帯するとサビキ釣りにおける防寒対策も完璧になります。

 

インターネット通販のショッピングモールでアウトドアの冬のサビキ釣りシーンで活躍する防寒着や防寒具を探すこともできます。

 

よろしければ釣行に備えて装備を整える時の参考にしてください。

 

 

 

Yahoo!ショッピング

 

防寒着や防寒具の一覧はこちら

 

amazon

 

防寒着や防寒具の一覧はこちら

 

楽天市場

 

防寒着や防寒具の一覧はこちら

 

 

 

当サイトでは、冬から春先の時期にかけて防波堤・堤防・波止の釣り場で楽しむサビキ釣りを快適にする電熱ヒーター付き防寒具を紹介しています。

 

詳細については...

 

 

冬のサビキ釣りを快適にする電熱ヒーター付き防寒具

 

冬のサビキ釣りを快適にする電熱ヒーター付き防寒具はこちら

 

 

上記の記事で紹介しています。

 

 

 

今回紹介した防波堤・堤防・波止の釣り場から行うサビキ釣りで冬の時期に釣果をアップさせるための攻略ポイントが皆様の釣行時の参考になれば幸いです。

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

 

【 関連記事 】

 

 

サビキ釣りの釣り方( やり方 )

 

サビキ釣りの釣り方( やり方 )はこちら

 

サビキ釣りの釣果がアップする釣り方( やり方 )のコツ

 

サビキ釣りの釣果がアップする釣り方( やり方 )のコツはこちら

 

サビキ釣りでアジが釣れるタナと釣り分け方

 

サビキ釣りでアジが釣れるタナと釣り分け方はこちら

 

サビキ釣りの外道のネンブツダイの回避方法

 

サビキ釣りの外道のネンブツダイの回避方法はこちら

 

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

トップページ サイトマップ サビキ釣りとは お問い合わせ